上がり3ハロンの貧脚

おっさんがBMCと遊ぶブログ

海外通販のはなし

中国の暮らしも長くなってくると、
日常生活ではあまり不便を感じる場面は少なくなってくるのですが
(もちろん細かいことを挙げるときりがないけれど)、

時々不便だな〜と思うのは、
・レトルト/インスタント食品、調味料が口に合わない
・日本の本が売っていない

この2点!

日本人の多い都市なら日本のものもいろいろ売っていますが
(特にインスタント食品などはまったく問題なし)、
この町ではほとんど何も手に入りません。

休日に上海まで買いに行くのは、いかんせん面倒くさい。
交通費入れると高くつくし。

食事は主に自炊なのですが、どうしても面倒くさい時に日本のレトルト食品は
重宝します。「どうしても面倒くさい」ことが頻繁にある私にとっては必需品と
いっても良いでしょう。

普通の人は外食するんでしょうが、”引きこもり”が最近のマイブーム。

あと本に関しては、読みたいときに読みたい本を入手するのはまず無理。
私は本の虫なので、本のない生活には耐えられません。

朝起きたら本、食事しながら本、トイレで本、移動中に本、風呂で本、寝る前に本
ってな具合です。

読むかどうかは別として、読みかけの本が手元にないとなんだか落ち着かないんです。

てなわけで、日本からの通販には本当にお世話になってます。
今回はよく利用するネット通販について紹介します。

買うのは主に書籍と食品(インスタント・レトルト・調味料)。

良く使う通販サイトは、

書籍の場合はBK1
honto本の通販ストア:本、コミック、雑誌の通販【共通hontoポイント貯まる】

書籍以外だと楽天と転送コムの合わせ技
【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ
日本の通販商品の海外発送(国際配送)代行サービス【転送コム】

楽天と転送コムの組み合わせは割と頻繁にキャンペーンをやっていて、
その時を狙うと送料がかなり安くなります(4,000円まで無料とか)。

通常だと中国(例えば上海とか)で買えるものは中国で買った方が
安上がりかも知れませんね(量や物によっても変わると思いますが)。

私はずっと転送コムを利用していますが、同じような業者が最近結構あるようです。

書籍も以前はアマゾンや楽天ブックスで購入して転送コムで海外転送していたのですが、
BK1が海外に直接発送していると知ってからは断然こちらを利用するようになりました。

面倒がないし、早い。
ホームページもシンプルで見やすいし、
扱っているのが書籍とCD、DVD類のみという潔さもいい。
BK1好印象です(ちょっと褒めすぎ?最近結構お世話になってるので)。

最後に、そんなの知ってるよって方が多いと思いますが、
EMSで荷物の追跡をする場合は日本のホームページより中国のホームページがお勧めです。
当然と言えば当然ですが、中国に到着してからの情報量が違いますよね。

例えば、こっちは日本のEMSからの追跡。

これだと、上海に到着してから配達終了まで(今回は約24時間)は全く情報なしです。
通関大丈夫だったかな?などと心配になることも(そんな変なもの送らないけどね)。

中国のEMSだと(すみません。一部地名を消してます)、

22日の9時25分に上海に到着し、同14時30分にはすでに目的地に向かっていることがわかります。

インターネットがなかった頃の海外駐在は相当不便だったのでしょうが、
本当に便利な時代になったものです。